糖尿病についてご説明いたします。

糖尿病とは

糖尿病は、インスリンの作用不足によって、血糖が高くなってしまう病気です。糖尿病は、大きく分けて「1型糖尿病」、「2型糖尿病」の2つがあります。

1型糖尿病
糖尿病の患者さんのうち、1型糖尿病は10人に1人もいません。すい臓からインスリンがほとんど出なくなるため、血糖値が高くなります。

2型糖尿病
2型糖尿病は最も一般的な糖尿病で、10人に9人以上はこのタイプです。インスリンの量が少なくなったり、インスリンが十分に作用しなくなることによって血糖値が高くなります。

糖尿病の原因について

1型糖尿病の原因は正確には判明されていませんが、体質や、何らかの原因によってすい臓の一部が破壊される、などが挙げられます。

2型糖尿病の原因は、遺伝的な影響に加え、食べ過ぎ、運動不足、肥満などの環境的な影響があるといわれています。40歳を過ぎてから発症するケースがほとんどですが、若い方でも発症します。

糖尿病の検査

糖尿病の初期は自覚症状がほとんどありません。特に2型糖尿病については、症状が無く、気が付かないままに進行するため注意が必要です。早期発見・予防のためには、血糖値やヘモグロビンA1c(エーワンシー)を継続的に検査することが必要です。

主な検査方法

これらの検査方法で、血糖値・インスリンの分泌・糖尿病の合併症について調べていきます。

  • 血液検査(採血)
  • 尿検査
  • 心電図検査

糖尿病を発見するきっかけ

会社の健康診断や特定健康診査は、糖尿病または糖尿病の予備群を早期発見できるきっかけとなります。

「高血糖の異常」「血糖値が高い」などと、健康診断で指摘された方は、お早めに2次検査を受けていただきたいと思います。糖尿病・糖尿病予備軍は早い段階で把握できると、薬に限らず、食事管理や運動など生活習慣を見直すことで血糖値を改善していくことができます。

糖尿病の合併症にも注意!

糖尿病では、心筋梗塞、脳梗塞、腎不全や網膜症などといった合併症にも注意しなければなりません。糖尿病は、病気が進行していない時期は、ほとんど症状のない病気です。しかし、合併症が出てしまうと様々な症状を伴うことがあります。

  • 糖尿病による高血糖によって眼の網膜にある毛細血管が傷つけられると、出血や網膜剥離によって視覚障害が進行してしまうことがあります。
  • 糖尿病による高血糖の状態が続くと、腎臓はダメージを受けてしまいます。人工透析が必要となり、生活が制限されることにもなります。

早期に糖尿病の治療・予防を始めることは、これらの合併症を予防するためにも重要となります。

糖尿病の治療

糖尿病治療では、血糖をコントロールしていきます。血糖をコントロールすることで、糖尿病がない人と同じように健康で長生きすることが目的です。そして前述したとおり、糖尿病の治療を行うことで合併症を予防します。

糖尿病の治療の基本は、食事・運動療法です。また、様々な種類のお薬があります。患者さんの病状に合わせて処方します。薬を正しく服用していても、食事・運動療法がしっかりと守られていないと病状は改善していきません。

当院では精密な検査を行ったうえで、患者さんの病状・生活スタイルに合わせて治療計画をご提案させていただきます。どうぞ安心してご相談ください。