当院における令和5~6年度インフルエンザ発生状況:令和6年4月13日

令和5〜6年度当院におけるインフルエンザ発生状況集計結果(令和5年10月1日開始)

9月20日:川崎市ではインフルエンザ感染流行発生注意報が発令され、集計開始しました(当院の発生状況は、厚生労働省感染動向調査および川崎市感染症週報の基礎データの1つになっています)。最近ではB型の流行が見られるようです。

例年ワクチン接種者は、発熱改善が早い・微熱など重症化軽減効果が出ています。当院では例年10月以降にワクチン接種を開始しており、従来の集計からも4月まで効果は確保されていると考えております。

例年「ワクチン接種しても罹患するからしない」、と言う方がおられますが、何時何処で発症するか予測出来ない為、流行前にワクチン接種をお勧めします。ワクチン接種2週間後に罹患された方がおられます、余裕を持って接種下さい。

 

10月累計:29名(ワクチン接種されている方での感染 00名)
11月累計:35名(ワクチン接種されている方での感染 01名)
12月累計:40名(ワクチン接種されている方での感染 01名)
_1月累計:37名(ワクチン接種されている方での感染 02名)
_2月累計:40名(ワクチン接種されている方での感染 01名)
_3月累計:19名(ワクチン接種されている方での感染 01名)
_4月累計:01名(ワクチン接種されている方での感染 00名)
令和5年度累計:201名(ワクチン接種されている方での感染 06名)
     累計:65歳以上での感染者:05名(内ワクチン接種されている方での感染 01名)

お知らせページに戻る